スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

霧雨の山の寺々

霧雨の山の寺々

今回は、久しぶりの比叡山へ
あいにく朝から雨と霧・・・・・・

歴史の好きな団体さんで、珍しいことに、比叡山延暦寺の三塔を巡ります
サイズ変更DSCF3249

千二百年前、伝教大師が平安京の鬼門にあたるところに、国家鎮護のため、開かれた比叡山延暦寺です

まずは、東塔の本堂ともいうべき、根本中堂
サイズ変更DSCF3251
ここが、全山の総本堂になるのでござぁます~

雨のため すごく荘厳な雰囲気でした

暗いですが・・にない堂を撮ってみました・・・
常行堂と法華堂が渡り廊下で繋がっており、その昔弁慶が真ん中を持ち上げて担いだ・・と
いうところから、担い堂といわれるのでございま~す
サイズ変更DSCF3261


続いて、西塔の本堂にあたる 釈迦堂
サイズ変更DSCF3259

そして 横川へ

サイズ変更回転DSCF3264


ここの本堂にあたる、横川中堂
サイズ変更DSCF3273
朱塗りの舞台づくり

比叡山は、日本の仏教の始まりの地といわれる
唐から帰って
伝教大師はこの山でお寺を開かれると、その教えを乞うものが次々上がってまいりました
親鸞上人も、法然上人も、栄西禅師も、道元禅師も、一遍上人も、日蓮上人も
天台宗の教えは枝のように分かれ・・・日本中に広がりました

親鸞上人の修行の地跡
サイズ変更DSCF3263

山に咲いていた、雨に濡れたコアジサイ
サイズ変更DSCF3252

この山は、日本で一番厳しい修行で知られる、千日回峰行でなどでお馴染みですね

延暦寺だけをじっくり観光とは、初めてですが  よかった~感激しましたわん
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

お寺でみる歴史観

ここから日本の宗教歴史が始まった、と言っていい地域ですね!
不思議ですよねぇ~、ここからいろいろな宗派が生まれていったんだから!?
お寺巡り(史跡巡り)もじっくり見ると興味をそそります。

もう40数年前20歳の頃行った記憶が有りますが(一人では無く)、

写真を観ても情景が甦りません、(情けない)

もう一度、蛇心を捨てて比叡山延暦寺に伺いたいですね~

さんたろうさんへ

v-4さんたろうさん、おはようございまっする~♪

ほんとに、たった一人の僧から・・広まっていったんですから
不思議ですね

なんだかv-290最近 お寺参りの仕事が多いです
山深く また、霧雨となると、荘厳な感じで心が洗われるようですv-398
大体が晴れ女なので、初めてそんな思いがしました
雨も・・・・・・・・・いいもんやなぁ ってv-441

んで、今日もv-356v-279v-356で~す

レ ッドベレーさんへ

v-4レ ッドベレーさん、おはようございま~す

40年くらい前にv-104で訪ねられたんですか?

駐車場あたりは、随分変わったでしょうけど・・・お寺は昔のままです・・
が、私の画像が暗くて、きっと思い出せないんだと思いますよv-435

ぜひまた、訪ねてみてください  いいところですv-398

ホントに素敵なお仕事ですね。(大変さもハンパじゃないでしょうけれど)
みみごんさんのような明るいガイドさんだと旅の楽しさも倍になるでしょうね。

根本中堂、中学の修学旅行と、京都に住んでいるころ何回か行きました。

Eve さんへ

v-4Eve さん、おはようございま~す

ありがとうございますv-411 そういっていただけると、めっちゃ嬉しいです~v-441

えっ? 京都にも住んでらしたんですか
じゃぁ 比叡山って懐かしいでしょうねv-290
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。