スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

やっと続きました~

やっと続きました~

おっ待たせいたしましたぁ
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん? 誰も待ってません・・てか

ついに と、言うか やっとこさ萩市までやってきました

萩市は、5万2千人ほどの小さな町  萩の地名は椿の咲く里から付けられました
つばき→つ・ば・き→ばき→はぎ だって!  ほんまかいなぁ

三方山に囲まれ北側だけが海という・・・さぞかし昔は
寂しい寒村だったのでしょう
ところが、関ヶ原の戦いのとき西軍で戦いましたが 敗れたため、山陰山陽120万石から、
山陰萩の36万9千石として、辺鄙な所へ押しやられました
その時の藩主の思いが、それから三百年の後 あの維新の原動力となったのか・・・・・・

やっぱ!! 萩 と言えば ここですね

松下村塾
サイズ変更DSCF6396

もとは松陰の叔父さん 玉木文之進の塾でした  松本村にあったので松本を松下と書きました
そして読みをしょうかそんじゅくとした
八疊ひと間の小さい建物でしたが、次々と教え子が増えていったので、門下生たちの手で増築


こちらは、松陰の実家 杉家の屋敷
サイズ変更DSCF6392

松陰は、世界の情勢を知りたいと、弟子の金子重輔と共に伊豆の下田でアメリカの船に
乗り込もうとして失敗
幕府に捕らえられ、萩の野山獄に入れられましたが、のち、実家 杉家お預りの身となりました

幽囚されていた、この三疊半の小さな部屋の窓の外には 毎日子供たちが寄ってきて
中にいる松陰から色んな話を聞きに集まってきました
それはそれは 熱心に子供たちに話すのです

子供たちは、大きな声で話す松陰の話を聞くうち、すごい先生がいるとクチコミで広まり
ついには、あの塾の建設となりました

わずか 2年半という 本当に短い間ではありました  が、熱い思いは、維新への力となり
殆どの門下生は散っていきましたが、明治という新しい日本の歴史の礎となったのです

思想家であり、教育者でもあり、兵学者だし精神的革命家でもあった吉田松陰
わずか26才で亡くなりました  が、およそ50人もの門下生がいた といいます

親思う 心に勝る親心 今日の訪れなんと聞くらん  寅次郎

近くにある 松陰の門下生だった伊籐博文の生家
サイズ変更DSCF6397

時間が無いので・・・・長門市の金子みすゞの記念館へ

ありゃ しまった!!!! をバスの中に忘れてしまい 残念

んで  湯本  大谷○荘泊まりでしたぁ

次の日は 小雨の中は西へ西へ
以前、ブロ友さんのブログで見て、行きたいなぁ  と、思っていた角島へ

晴れていたら海の色は もっともっと綺麗な青なんでしょう 
サイズ変更DSCF6404

日本海とは思えない色じゃん ほら
サイズ変更DSCF6403

ありやりゃ   冷蔵庫の上に置いたコップが写ってしまったなぁ

では  車のCMにも使われた という角島大橋

じゃ~~ん

サイズ変更DSCF6410

(*´∀`*)えへ  実は これ角島から帰りに撮ったんです
行きは一応しゃべってますからね~

バスの中から パシャっと お客様がよそ見している間に

明治の様式灯台  角島灯台
サイズ変更DSCF6406

雨なもんで、誰~も 降りませんです

最後は 山口市の瑠璃光寺

国宝の五重塔だす
サイズ変更DSCF6420

華やかな大内文化の名残りですね
京都に置いても、引けは取りません 瓦が桧皮葺で、とっても美しい塔です

駆け足の観光でした  が、皆様 大満足でありましたっ!!!







スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

まさに、駆け足山口観光ですね、、次はゆっくり楽しんでくださいねv-290

海の綺麗な角島、、雨に祟られましたね、、ここも素晴らしい夕日見に来て下さいね、、そうそう、何もありませんが美祢にも寄って下さいよv-410

Nobuさんへ

v-4Nobuさん、こんばんみ~ん
早速のコメありがとうございます

ほんまに・・・
駆け足観光でしたが、素敵なところばかりで、とっても良かったですv-411

角島は、夏に、もう一度訪ねてみたいです
もちろん仕事では無くです~♪
夕陽だったら、すごく ロマンチックでしょうe-349
角島って泊まるところはあるんかしら??

No title

v-104e-289v-425v-410
歴史が苦手な私 大変勉強に成りましたv-435

No title

こんばんわ^^。
いつも色んな観光地に行けて羨ましい限りですv-104
自分はいつも事務所でワークですv-216
冬の雪モードから、春の梅、桜モードになりました。
また春を求めて何か探してますよv-212v-254

minnyさんへ

v-4minnyさん、こんばんわんこ

実は・・・・・・・v-397私も歴史は苦手でした(内緒よん)

和壱さんへ

v-4和壱さん、こんばんわ~ん

旅行好きなv-16
には、まさにピッタリな仕事です~v-392

ほんとに・・・春近しって感じになってきましたね

山の春は、色んな花が次々と咲いて楽しませてくれますね
私も、カタクリの花を見に行きたいなぁ  って、考え中v-290

お疲れさん

v-16さん こんばんわんこそばv-373

仕事で旅行が出来るとはうらめしいv-39
角島大橋 すごい橋ですねv-405 車で走ると面白そうv-426


よこさんへ

v-4v-14さん、こんばんわんたんめんv-373

うふふv-39v-355うらめしいでしょ

角島へは ぜひ行ってみてくださいな
お天気がよければ最高!!だと思いますよ~♪

No title

こんばんわ

コメント遅れて大変ごめんなさい、角島に行くのに橋が掛っているのですね

知りませんでした、角島には高校の時、小倉から船で行き、キャンプ

をした記憶があります。でも本当に遠い記憶ですね~

レッドベレーさんへ

v-4レッドベレーさん、こんばんわんわん

おぉ!! レッドベレーさんは、ほんとに色んな所へ行っていますね~
すごい!角島まで・・・v-424
私は、まったく知りませんでしたv-406ガイド失格だわ~

橋は、平成12年に完成したそうです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。